日産セレナのことなら何にでも役立つ情報サイトです

セレナ【新型C27】の試乗レビュー!試し乗りした感想を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

登録も60秒ほどで終わりますし無料です。

おおよその値段がわかることで購入時の下取り交渉対策にもなります。

今は購入の予定はなくても自分の車の査定金額を知っておくだけでも登録して損はないですよね。

セレナ【新型C27】を購入する上では、見た目や性能も大事ですが、なにより運転のしやすさや乗り心地が重要です。

これらは、実際に試乗してみなければわかりません。

そんなときに活用したいのが、ディーラーでの試乗です。

そこで、セレナ【新型C27】を試乗するときの注意点や、試乗のレビューをまとめてみました。

 

セレナは高速道路でも試乗できる?

セレナ【新型C27】の試乗では、大きな魅力のひとつである「プロパイロット」を体験するためにも、高速道路を運転できるのか気になりますよね。

しかし、店舗によって違うことがありますが、多くの場合コースが決められており、高速道路の試乗は基本的にできません。

そんなときは、ディーラー経由でレンタカーを借りる、という手があります。

この場合、ガソリン代含めて無料で乗ることができる試乗と違い、普通のレンタカー同様に料金が発生するので注意が必要です。

もっとも、ディーラー経由だと通常よりも多少安くなりますし、コースを気にせず存分に乗り回せるので、グレードなどが決まった段階で一度利用するのも悪くありません。

また、試乗の場合でも、自宅がディーラーの店舗から遠くない場合は、お願いすれば車庫入れなどを試させてもらうこともできます。

ちなみに、もし事故にあってしまったときも、スピードの出しすぎや危険運転といった悪質な場合を除き、運転手に修理代の請求はされないので安心です。

 

セレナの試乗で確認しておくべきこと


【引用:http://www.nissan-satio-saitama.com/shopblog/sayama/14867.html 】

では、セレナ【新型C27】を試乗するとき、どこに注意して確認すればいいでしょうか?

まず最初に確認しておきたいのは、ボディカラーです。

実際の色とカタログで見たときの印象はだいぶ違うことがあります。

試乗する際にボディカラーの指定はできませんが、ディーラーに頼めば、目的の色を取り扱っている近くの店舗を紹介してくれます。

また、セレナの公式ホームページでは、日本全国の試乗車や展示車を検索できるシステムがあり、そこで取り扱っているグレードやボディカラーも確認できるので便利です。

実際に検索してみましたが、店舗によっては特別仕様車である「AUTECH SPORTS SPEC」の試乗も可能でした。

次に、デザインや外装も気になります。

「車体が思ったよりも大きくないか」

「スライドドアやバックドアは開けやすいか

「ラゲッジスペースは十分か」

といったことをチェックします。

 

そしていよいよ運転です。

これは、購入後に運転する予定のある人全員が経験しておくと安心できます。

大柄な人と小柄な人では、運転のしやすさや運転中の視野が違うため、それぞれの人がどう感じるかを確かめておくのは重要です。

また、同じように、助手席や後部座席も家族みんなで体験します。

子供や年配層にとって乗り心地がいいか、座席は腰や首に負担がかからないかなど、購入前にチェックしておくと安心です。

 

運転中は、

「アクセルやブレーキに引っかかりや反応の悪さはないか」

「ハンドル操作と車体の動きのレスポンスはどうか」

「カーブを曲がったときにどれだけ膨らむか」

「車の周辺はどの位置が死角になるのか」

「駐車はしやすいか」

など、普段使ったときのことをイメージして確認します。

基本的な部分をチェックしたら、セレナ特有のシステムを体験しましょう。

高速道路でないとなかなか判断できませんが、自動運転技術である「プロパイロット」や、e-POWERであれば、アクセルのみで速度の調節ができる

「ワンペダル走行」など、試乗しないとよさのわからない機能がたくさんあります。

 

実際にセレナを試乗した人のレビューを紹介!

実際にセレナ【新型C27】を試乗した人のレビューを紹介します。

『ハンドルの軽さもちょうどいいし、このくらい足回りが柔らかいほうが振動が伝わらないので腰痛もちには助かる』

 

『乗り心地バツグンで感度もすこぶるよし!!』

 

『車高が高いにもかかわらず、コーナーでも車内が大きく振られなかった』

 

といったように、セレナの乗り心地が絶賛されていました。

セレナ【新型C27】は開発スタッフに女性が多かったため、女性にうれしい乗り心地が実現されているようです。

また、振動が少ないこと、車内が振られないことなどから、乗り物酔いしにくい車といえます。

これは、乗り物に弱い子供がいる家庭にはうれしいですよね。

さらに、車で長距離を移動するときは、どうしても腰に負担がかかってしまいます。

私も腰痛もちですが、固い車に乗ると腰が痛くなってしまいがちです。

私のような人にとっても、セレナの安定した走行と車内の快適さは、とても魅力的に感じます。

次に、運転のしやすさについてです。

『ハイウェイスターを試乗したけど、発進するときに踏んでも踏んでも加速しなかった』

 

『出だしはかなりもたついているように感じました』

 

『加速が弱いのが気になったが、家族を乗せていることを思えば安全運転になっていいかもしれない』

など、ノーマルのセレナ やハイウェイスターに試乗した人からは、走り出しの加速が物足りない、というレビューがよく見られます。

停止信号からの発進や、高速道路での合流といったシーンで若干のストレスを感じてしまうようです。

 

一方で、e-POWERを試乗した人は、うって変わって次のようにレビューしています。

『あんなに静かでトルクフルな加速だと思わなかった。嫁さんと二人でビックリ!』

 

『踏んだ分だけ加速できるのはハイウェイスターと大違いでした』

 

『セレナのGグレードと同じ感覚でアクセル踏んだら結構スピード出て驚いたわ』

といったように、e-POWERで発進加速のもたつきを改善したことが高く評価されました。

セレナ e-POWERは、荷物の積載量にかかわらず、アクセルを踏んだ分だけスムーズな加速が可能です。

ハイウェイスターとe-POWERを乗り比べた人は、その劇的な違いに驚かされるようです。

また、セレナ e-POWERでは、アクセルペダルを離すことで強めのブレーキがかかり、クリープ現象を発生させることなく停車させる、「ワンペダル走行」が絶賛されています。

『はじめてワンペダル走行体験してみたけど、ペダルを離したときのブレーキングは強すぎず弱すぎずいい塩梅』

 

『ブレーキペダルを踏まなくても減速してくれるから有り難いです』

 

『速度調整にはやや慣れが必要だけどユニークで簡便な操作方法だった』

 

『ワンペダル走行、快適すぎてほかの車運転できなくなるから注意な』

など、高評価が目立ちました。

ワンペダル走行に慣れると、ほとんどブレーキを踏まずに走行できるようになるため、「アクセルとブレーキを踏みかえる」という、これまでの車では当たり前のことが、実は疲れる動作だったと気付かされます。

 

一度この「ワンペダル走行」を味わってしまうと、もとのガソリン車には戻れない、という人もいるほどです。

このように、おなじセレナでもグレードによって運転のしやすさや印象は大きく変わります。

そのため、実際に試乗して乗り比べることが重要です。

 

セレナの試乗レビューまとめ

セレナ【新型C27】の試乗レビューについてまとめてみました。

乗り心地には好みがありますが、振動の少ないやわらかな乗り心地を求める人には高評価でした。

また、e-POWERのワンペダル走行はほとんどの人が絶賛しており、とりこになる人が多いようです。

車は乗って初めてわかること、感じることばかりですので、カタログやネットで調べるだけでは、そのよさやいまいちな部分に気付くことができません。

また、乗り心地や運転のしやすさは、選ぶグレードによって大きく違います。

納得のいく車を選ぶためにも、家族揃って試乗に出かけてみてはいかがでしょうか?

【おすすめの記事】

セレナ e-powerに4WDは追加になる?発売時期はいつ?

セレナ e-powerの口コミと評判から分析!メリット・デメリットとは?

セレナ【新型C27】の色・カラーを紹介!人気色は?目立つカラーがいい?

セレナ e-powerの値引き価格相場と限界値引き交渉術!

セレナ【新型C27】の納車時期は?3ヵ月は待たないといけない?

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナの新車がほしい!

今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。

グレードは何にしようか、色は?

装備は?ディーラーオプションは何にしようか?

数えたらきりがありませんよね。

でも考えてたらワクワクが止まりません♪

でも、いざ買うとなると…

  • 金額が高くて予算オーバーなっちゃう…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉できる自信がないなぁ…」
  • 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みが苦手…」
  • 「一番最安値で手に入れたい…」
  • 「購入を考えているけど、ナカナカ踏ん切りがつかない・・・。」
  • 「やっぱり金額が高い!」
  • 「予算が合わない!」
  • 「家族に話しても金額優先で車種は二の次にされてしまう・・・・。」
  • 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」

などなど、悩みは尽きません…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりで

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© セレナ情報サイト , 2018 All Rights Reserved.