日産セレナのことなら何にでも役立つ情報サイトです

セレナ新型の大きさはどのくらい?旧型と比較!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

登録も60秒ほどで終わりますし無料です。

おおよその値段がわかることで購入時の下取り交渉対策にもなります。

今は購入の予定はなくても自分の車の査定金額を知っておくだけでも登録して損はないですよね。

2016年8月に、セレナの新型である【C27】が発売されました。

新型セレナを購入しようと考えている方は何に注目してるしているのでしょうか?

もちろんデザインや内装、性能も気になりますが、意外と大きさも重要ですよね。

しかも、セレナ場合5ナンバーと3ナンバーとサイズが違っています。

そこで、セレナ新型【C27】の大きさについて、旧型である【C26】と徹底的に比較しました!

 セレナ新型と旧型の外装の大きさを比較!

最初に比較するのは、セレナ新型と旧型の外装について。

もし外装が大きくなっていると、小回りがきかなかったり、車庫入れに苦労したりしてしまいます。

そこで、新型と旧型の大きさを表にまとめました。

それぞれの寸法は、日産の公式表記を参考にしました。

オプションでウイングなどを取り付けたり、グレードによってはサイズが変わったりするので注意してください。

こうしてみると、幅や車高がやや大きくなっているとはいえ、新型と旧型では大きな差がないことがわかります。

特に注目したいのがホイールベース。

この寸法が同じことから、旧型と同じ感覚で運転することができます

これは、旧型から新型への乗換えを考えている人にはうれしいところですよね。

ちなみに、車幅はミラーを含めない寸法なので注意してください。

また、旧型に比べると、車高がわずかに高くなっています。

微妙な差ですが、これによって、運転中の視野が広くなりました。

前方を見下ろした際の死角が小さくなったことで、停止線なども見やすくなっています。

一方で、高さを大きく変えなかったことから、高さ制限の平均が2~2.5mの一般的な自走式立体駐車場(ショッピングモールなどにあるもの)も問題なく利用できます。

ただし、立体駐車場が古い場合や、機械式(オフィス街によく見られる、回転テーブルのあるもの)は高さ制限に引っかかることがあります。

もっとも、これらの駐車場の場合、ミニバンはもちろん、一部のコンパクトカーでも利用できません。

自家用車の大型化が進む最近では、このような駐車場が減ってきているとはいえ、まだまだ運用が続けられているのが現状です。

愛車を傷つけないためにも、初めていく場所では、お出かけ前にチェックしておくことをオススメします。

 セレナ新型と旧型の内装の大きさを比較!

 

セレナの新型と旧型の外観は大きな差がなく、見た目や運転のしやすさがそのままであることがわかりました。

では、内装はどうでしょうか?

こちらも表にまとめてみました。

室内空間としては、新型のほうが圧倒的に広いことがわかります。

室内全長は180mm長くなりました。

こう聞くと大した差はないように感じますが、実際に乗るとその広さを実感することができます。

座席に座る上で一番気になるのは、ひざの辺りです。

遠出などで長時間座っているときに、ひざが前席の背もたれについていると、結構な不快感を感じてしまいますよね。

しかし、新型は室内全長を180mm延長したことで、旧型に比べると、1席あたり60mmの余裕が生まれることになります。

これは、3列をフル活用する家庭や、足の長い人には大変うれしい改良です。

一方で、旧型と比べると、サイズダウンしている部分がそれなりの項目ありました。

これは「座席間の移動を簡単にする」という、新型のコンセプトのひとつを実現するためです。

つまり、各座席の幅を小さくすることで、移動用のスペースを確保しました。

新型の座面は、旧型に比べるとシンプルなデザインになっています。

包み込むような膨らみがないため、おしりへのフィット感は旧型にやや劣りますが、その分座面の幅は小さくても問題を感じません。

座面から天井までの高さも、2列目以外は旧型よりも低くなっています。

特に3列目は、高さが1,000mmと、やや圧迫感を抱いてしまうかもしれません。

もし大人数で長時間乗車する際は、3列目に身長の高い人が乗るのを避け、子供を配置するなどの工夫も必要です。

スライドドアのステップは、地面から1段目が390mm、フロアはそこから90mm高い480mmと、ご年配の方にはやや厳しい高さです。

車内のアシストグリップをうまく使って乗り降りする必要があります。

また、こういった方に車内を移動させるのも忍びないので、2列目に座ってもらうのが適切かもしれません。

家族形態によってさまざまですが、たとえば普段一緒に生活している親と席を離し、間におじいちゃんおばあちゃんが入ることで、貴重なコミュニケーション空間を作ることもできます。

車で過ごす時間を単なる「移動」と考えずに、セレナの広い空間を利用して「生活」の一部にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、室内空間の大きさは、グレードやオプションなどによって多少異なります。

特に、3列目のシートがスライドするかによって、その差が顕著です。

また、座面から天井までの高さは、中央席なのか左右席なのかでもわずかに違います。

天井が緩やかなアーチ状になっているため、中央席が高く、左右席が低いといった具合です。

今回の数値はあくまで参考に、実際に試乗などして確かめてみてください。

セレナ e-power 【内装・インテリア】子供や年配の方には使い易い?欠点はある?

セレナ新型の室内空間の広さはどの程度?

セレナの新型と旧型で、室内空間がどれほど違うのか紹介しました。

しかし、数字だけ見てもイメージがつきにくい、という人もいるでしょう。

そこで、セレナの室内がどれほど広いのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。

たとえば、ロードバイク。

車で旅行先に行き、現地でサイクリングを楽しみたいという人もいます。

たまに、車の上にロードバイクを固定しているのを見かけますが、セレナはその必要がありません。

乗車人数は限られてしまいますが、シートアレンジ次第で車内に積み込むことができます。

ほかにも、スキー板やスノーボードも積載可能です。

サーフボードの場合、ロングボードやパドルボードはさすが厳しいですが、一般的なサイズであれば大体問題ありません。

夏などに、バーベキューや釣りを満喫したいこともあります。

テントやバーベキューセット、クーラーボックスなど、欲張っても大丈夫です。

それだけではありません。

すべてのシートを倒せば、ベッドに早変わりするため、車中泊を楽しむこともできます

車内での着替えは、子供であれば簡単です。

大人の場合はやや窮屈ですが、座ったままなど、大勢を工夫すればなんとかなります。

夏や冬のレジャーに出かける際は、セレナの広大な室内空間が大活躍です。

なお、セレナは、「デュアルバックドア」を採用しているため、バックドアにあるウインドウ部分のみを開閉できます。

このため、転がりやすい荷物を積んでいるときや、縦列駐車中などの車間距離が狭いシーンでも、簡単に荷物の出し入れが可能です。

また、ベビーカーはもちろん、車椅子を積むこともできます。

ただし、専用の設備がない車に、人が乗った状態の車椅子を乗せるのは道路交通法違反です。

そういった意味でも、日常的に車椅子を利用する場合は、特別仕様の福祉車両を選ぶ必要があります。

セレナ新型の大きさまとめ

セレナの新型【C27】と旧型【C26】の大きさを比較しました。

外装としては大きな差がなく、これまでと同じ感覚で運転できます。

また、内装は全体的に広くなっていますが、座席はやや狭くなっています。

しかし、車内で移動する場合や、大きな荷物を積み込むためのアレンジであり、乗車中の圧迫感や不快感などはありません。

旧型を利用していた人ならば、間違いなく満足できる空間になっています。

また、ほかの車種からの乗換えを考えている場合も、ぜひ今回のデータを参考にしてみてください!

【オススメ関連記事】

セレナ【新型】の口コミ!評価・評判は良い?

セレナ【新型C27】の試乗レビュー!試し乗りした感想を紹介!

セレナ【新型C27】の色・カラーを紹介!人気色は?目立つカラーがいい?

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナの新車がほしい!

今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。

グレードは何にしようか、色は?

装備は?ディーラーオプションは何にしようか?

数えたらきりがありませんよね。

でも考えてたらワクワクが止まりません♪

でも、いざ買うとなると…

  • 金額が高くて予算オーバーなっちゃう…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉できる自信がないなぁ…」
  • 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みが苦手…」
  • 「一番最安値で手に入れたい…」
  • 「購入を考えているけど、ナカナカ踏ん切りがつかない・・・。」
  • 「やっぱり金額が高い!」
  • 「予算が合わない!」
  • 「家族に話しても金額優先で車種は二の次にされてしまう・・・・。」
  • 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」

などなど、悩みは尽きません…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりで

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© セレナ情報サイト , 2018 All Rights Reserved.