日産セレナのことなら何にでも役立つ情報サイトです

セレナ e-powerの値引き価格相場と限界値引き交渉術!

2018/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

登録も60秒ほどで終わりますし無料です。

おおよその値段がわかることで購入時の下取り交渉対策にもなります。

今は購入の予定はなくても自分の車の査定金額を知っておくだけでも登録して損はないですよね。

日産セレナ e-powerは、ワンペダル走行をはじめとした、通常モデルでは味わえない快適な運転を実現してる反面、ファミリー向けとしては高額な価格設定がネックです。

そうなると、セレナ e-powerはどの程度の値引きが見込めるのかという点が気になります。

車を購入した経験のある方ならご存知かと思いますが、車の価格は、基本的に値引きが当たり前という前提で設定されています。

しかしその値引き額は、人気度や発売からの経過年数などで大きく異なります。

そこで、同車の値引きはどの程度か、また値引きする際の交渉術や注意点について調査しました。

 

セレナ e-powerの値引き価格は50万円!?

2018年7月時点でのセレナ e-powerの最新値引き価格は、15~20万円程が一般的なようです。

内訳は、車両本体で10~15万円、オプションで5万円程といったところでしょうか。

3月に発売したばかりということもあって、値引き相場はかなり渋い状況です。

この車のライバルとされるミニバンの平均値引き相場が20~40万円、場合によっては60万円であることを考えると、セレナe-powerの値引きがいかに絞られているかがわかります。

一方で、口コミでは50万円の値引きに成功したという猛者も確認できます。

では、どのようにしてこれほどの値引きを引き出したのでしょうか?

 

セレナ e-powerの値引き交渉術

 ライバル車との相見積もり

値引き交渉でもっともスタンダードな方法のひとつは、ライバル車との相見積もりです。

セレナe-powerと同系統で、ほかのメーカーが販売している車種(トヨタ車のノアやヴォクシー、エクスファイアのハイブリッドタイプ、ホンダ社のステップワゴンハイブリッドタイプなど)の間で迷っているそぶりを見せましょう。

ディーラーにとっては、ある程度値引かれても購入さえしてもらえれば利益になります。

そのため、客を他社に取られないように、ギリギリまで値引きに応じてくれるはずです。

相見積もりしたもののうち、セレナ e-powerよりも安かった例を交渉材料とし、

 

「セレナ e-powerの方が魅力的なんだけど、懐事情もあるから・・・」

 

と、値引きを促します。

しかし、ディーラーもプロですので、

 

「ここで妥協すると、後で後悔するかもしれませんよ」

 

などと、すぐに値引きに走るようなまねはしません。

そのため、こちらもいくつかカードを準備しておく必要があります。

妻に財布を握られていて予算が決まっている、直近に子供の入学などの入用になるイベントが控えている、など、ディーラーの情に訴えかけるような手が有効です。

セレナe-powerと、その他の車の装備や、オプションいついて比較しておくことも重要です。

「他車は標準装備なのにセレナ e-powerはオプションなのか~」

と唸ってみましょう。

それらのオプションからも値引きや、うまくいけばサービスで取り付けてくれる可能性があります。

 

セレナ同士の相見積もり

もうひとつの値引き交渉の方法は、セレナ オリジナルタイプとの相見積もりです。

メーカーやディーラーとしては、新しいモデルで値段も高いe-powerを売りたいはずです。

そのため、「価格のせいでやむなくオリジナルタイプに傾いている」というスタンスで交渉すれば、「どれくらい値引きしたら決めていただけますか?」と聞いてくる場合があります。

これはいわば、ディーラーが客を試す質問でもあります。

このとき、「20万円」のように『値引き額』を答えてしまうと、「事前に調べた上で最大値引き額を答えたんだな」ということがわかってしまいます。

それよりも、「全体でこの値段以下」といった、具体的に支払う金額で答えましょう。

このほうが、上で例に挙げたような、妻や子供の状況といったカードの信憑性が上がります。

しかし、あまりに露骨な値引き交渉をすると、「そこまで価格にこだわるならオリジナルタイプを」と、交渉を打ち切られてしまいかねません。

最初に紹介したように、あくまで15~20万円の値引きが相場であることを念頭に交渉に挑みましょう。

 

 展示車狙い

誰も乗っていない完全な新車にこだわらないのであれば、展示車を狙う手もあります。

展示車とは、ディーラーの店舗で展示されていた車のことです。

試乗車とは異なり、公道の運転には用いられていません。

色々な人が乗り降りしたり触ったりしたため、気分的には中古車に近いですが、購入を検討している人に見てもらうためのものですので、メンテナンスはきちんとされています。

発売からどれだけ経過しているかで変動しますが、通常より10万円程多く値引きに成功したという口コミもあります。

展示車の購入には、ディーラーとの人間関係と、なによりタイミングが重要です。

展示車はいわば最後の切り札とも言えます。

初めから展示車を購入する気でディーラーに相談しても、あしらわれてしまう可能性があります。

十分な値引き交渉の上、ディーラーが「もうこれ以上は・・・」となってから切り出すべきでしょう。

 

 見かけ上の値引きに注意!!

値引き交渉をする上で注意しなければいけないのが、「見かけ上の値引き」です。

車を購入する際、初めての購入や複数台所持する場合を除いて、これまで乗っていた車を下取りとして買い取ってもらうのが一般的です。

そして買い取り先としてもっとも楽なのが、車の購入を決めたディーラーであることは間違いありません。

しかし、ここには落とし穴があります。

ディーラーが下取り価格を安く設定し、その差額分を新車から「値引き」として提示するのです。

例えば、下取り車の適正価格が100万円だったとします。

しかしディーラーは、下取り価格を60万円と提示しました。

その一方で、「お客様の熱意には負けました」といった様子で、セレナ e-powerの車両価格から40万円の値引きを提案します。

一見、相場を上回る値引きを受けているかのように感じますが、上記の例では値引きされてすらいないことがわかります。

これは極端な例かもしれませんが、比較的よくある手法です。

下取り価格が明記されていなかったため真偽は不明ですが、最初に紹介した50万円の値引きに成功した口コミも、この手にかかってしまった可能性が高いと言えます。

この落とし穴を回避するためには、下取り車の適正価格を知っておく必要があります。

適正価格は、下取り車をディーラーではなく買い取り専門店に持ち込み、数店舗で見積もりを取れば判断できます。

事前に適正価格を知っておけば、ディーラーに下取り価格を提示された際に正しい判断をすることができ、より充実した交渉に持ち込むことができます。

また、仮にディーラーが適正価格では下取りできないと言ってきた場合、ディーラーでの下取りを断り、買い取り専門店にお願いすることを伝えましょう。

その上で、セレナ e-powerをどこまで値引きできるかを再交渉します。

買取店へ無料一括査定で、損を回避した上で十分な値引き価格を手に入れましょう。

セレナ e-powerの値引き価格と交渉術のまとめ

ここまで、セレナ e-powerの値引き価格と交渉術について紹介しました。

また、ここに紹介した以外にも、細かな部分で交渉は可能です。

例えば、

「納車時のガソリンは満タンにしてくれるのか?」

「車庫証明を自分で取得したらどれだけ安くなるか?」

など、小額ではありますが値引きの交渉材料となります。

基本的には、車両本体→オプション→サービス系というように、高額なものから順に値引き交渉を進めましょう。

最初から細かい部分で値引きを求める姿勢を見せると、その分一番重要な車両の値引き額が下がってしまいます。

一方で、ディーラーは最大値引き額をある程度決めているため、それ以上の値引きを求めると途端に冷たくなる傾向があります。

相手も人間ですので、気持ちよく取引できる人と横柄な態度の人で、値引き額が同じになるはずがありません。

「この人のためならもう少しがんばるか!」と思ってもらえるような交渉を心がけ、納得いく価格でのマイカー購入を目指しましょう。

【そのほか参考記事も読んでみて下さい】

セレナ e-power 【内装・インテリア】子供や年配の方には使い易い?欠点はある?

セレナ e-powerの中古車はお得で安心!? ねらい目は新古車/未使用車?

セレナe-poweはエコカー減税対象?自動車税は?サポカーに優遇はある?

 

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナの新車がほしい!

今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。

グレードは何にしようか、色は?

装備は?ディーラーオプションは何にしようか?

数えたらきりがありませんよね。

でも考えてたらワクワクが止まりません♪

でも、いざ買うとなると…

  • 金額が高くて予算オーバーなっちゃう…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉できる自信がないなぁ…」
  • 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みが苦手…」
  • 「一番最安値で手に入れたい…」
  • 「購入を考えているけど、ナカナカ踏ん切りがつかない・・・。」
  • 「やっぱり金額が高い!」
  • 「予算が合わない!」
  • 「家族に話しても金額優先で車種は二の次にされてしまう・・・・。」
  • 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」

などなど、悩みは尽きません…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりで

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© セレナ情報サイト , 2018 All Rights Reserved.