日産セレナのことなら何にでも役立つ情報サイトです

セレナハイブリッド【S-HYBRID】の仕組みでわかる他社との違い。メリット、デメリットは?

2018/07/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

登録も60秒ほどで終わりますし無料です。

おおよその値段がわかることで購入時の下取り交渉対策にもなります。

今は購入の予定はなくても自分の車の査定金額を知っておくだけでも登録して損はないですよね。

ハイブリッドといえば燃費が良くて経済的なイメージがあるので興味を持っている人も多いですよね。

すでに国内販売比率では、ハイブリッドカーが3割を占めるというデータもあるようなので次の車を買い替える時は、選択肢には入ってるのはないでしょうか。

それだけ人気があるわけですから、日産からついにセレナのハイブリッドが登場しました。

ですが、どうやら世間が思ってるのと仕組みが違うらしいS-HYBRIDという名のハイブリッドじゃないハイブリッド?

S-HYBRIDシステムの仕組みがよく分かりませんが他メーカーのハイブリッド車とどこが違うのでしょうか?

メーカーによってハイブリッドのシステムには種類がある

まずハイブリッドは各メーカー別に、仕組みが異なっています。

あくまで私の認識なのですがハイブリッドが出始めた頃のハイブリッド方式は大きく分けて

「シリーズ方式」 「パラレル方式」  「シリーズ・パラレル方式」 

という3種類があってそれぞれに特徴があります。

「シリーズ方式」

モーターのみで走行する、「ストロングハイブリッド」です。

あくまでエンジンは発電機としてバッテリーを充電します。

エンジンでは走行しませんので、電気自動車に該当になると思います。

日産の「e-POWER」がこの方式です。

「パラレル方式」 

基本はエンジン駆動なのでモーターが補助的な役割をします。

モーターは、発電機も兼ねているため、「エンジン補助」か「発電」のどちらかを使い分ける形になります。

バッテリーの電気が満充電されているときには、エンジンの補助的な役割をしてバッテリー容量が無くなると、発電機として機能するのでエンジンのみで走行します。

エンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」がこの方式に分類されます。

S-HYBRIDの「マイクロハイブリッド」もモーターアシストなのでパラレル方式の分類です。

「シリーズ・パラレル方式」 

「シリーズ方式」と「パラレル方式」を組み合わせたタイプで、スプリット方式ともいわれています。

エンジンとモーター、発電機を搭載していて常に発電してモーターに電力を送ることができるので、燃費効率が非常に高いというメリットがあります。

状況によってモーターのみの場合やエンジン+モーターを使い分けますから、発進時や低速時、中高速時などすべてに応じて無駄を省くことができるのではないでしょうか。

ハイブリッドシステムの中で最大の燃費効率を誇り、トヨタのプリウスなどにも採用されている方式です。

セレナハイブリッド【S-HYBRID】の仕組み

日産は、ハイブリッドの仕組みには種類があって採用システムが違うようです。

モーター走行ができる「ストロングハイブリッド」

エンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」

アイドリング停止とエネルギー回生に重点を置いた「マイクロハイブリッド」

に分類しているのですが

「S-HYBRID」はスマートシンプルハイブリッドの略でマイクロハイブリッドになります。

マイクロハイブリッドって?

エンジンにはオルタネーターと呼ばれる発電機が搭載されていて、エンジン出力から発電を行い12Vバッテリーを充電しています。

これを通常は切り離し、ブレーキ時だけ回生ブレーキとして使用、発電してバッテリーを充電していて、この電力は通常どおりライトやウィンカー、オーディオなど電装品に使用されています。

そしてアイドリングストップから再発進時にはスターター(オルタネーター)を余分に回し、前へ押し出すシステムです。

アイドリングストップの状態からエンジンがスタートする時、ECOモーターはベルトを介してダイレクトにエンジンを再始動します。

ギヤで駆動するスターター式ではどうしてもスターターモーターから音が発生してしまいますが、ベルト式のECOモーターは静かにスムーズにエンジンが掛かります。

 

いつもの走りが、エコに変わる。
スマートシンプルハイブリッドは、新カテゴリーのハイブリッドシステムです。減速時の運動エネルギーを利用してバッテリーに蓄えた電力をECOモーターによる加速時のエンジンの補助駆動力やアイドリングストップ、エアコン、電装品などに再利用。エネルギーの使い方はセレナにおまかせ。いつものように走るだけでエコドライブができます

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

 

では、セレナハイブリッド【S-HYBRID】は他社とは何が違うの?

前述しましたがセレナは「S-HYBRID」というシステムを採用しています。

トヨタのプリウスなどに搭載されているスプリット方式や、

ホンダのパラレル式「マイルドハイブリッド」に比べると、とてもシンプルな仕組みのシステムです。

同じパラレル方式のモーターでアシストをしてブレーキ時のエネルギーを蓄電する回生システムは従来のハイブリッド同様ですが、

他社と大きく違うところは、蓄電した電気の使い道でアイドリングストップの再始動および、発進時のエンジンアシストが「マイクロハイブリッド」の大きな役割になります。

そしてモーターを駆動させる電力源のリチウム電池などを積載していません

かわりに通常の鉛バッテリーを2個搭載しています。

けっしてモーターで走行はしないので純粋な意味では「ハイブリッド」とは呼べないと自分は思っていますが、燃費の改善には貢献しているのだと思います。

セレナハイブリッド【S-HYBRID】のメリット、デメリット

https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

S-ハイブリッドは、発進時のみに力を発揮します。あとは、アイドリングストップをすることで、燃費を良くしています。

そしてブレーキ時の「回生ブレーキ」の力によって貯めた電力でECOモーターを駆動させて車を発進させます。

ただし、パラレル方式のために、モーターはエンジンの補助的な役割しかしません。

でも、非常にコンパクトな設計なので、ガソリン車と同等の室内空間が広く使えるということとコストが安く済むがメリットがあります。

そして、このECOモーターは、あくまでエンジンの補助なので、それほど燃費が伸びないのです。

なので、思った以上に燃費性能が伸びないというデメリットがあります。

セレナハイブリッド【S-HYBRID】のまとめ

セレナハイブリッド【S-HYBRID】を他社ハイブリッドとして比較するとデメリットが多く見受けられるかもしれませんが、

ガソリン車と比較すると意外とメリットの方が多く感じるのではないでしょうか。

現に、車両価格はe-powerに比べると安いですしガソリン車とは、ほとんど変わらないくらいです。

しかもガソリン車の燃費よりは良いですよね。

新型セレナのカタログにはS-HYBRIDについては一部を全面にはだしてはいません。

ガソリン車はグレードSの2WDの設定しかありません。4WDはS-HYBRIDのみです。

基本グレードの標準装備の位置付けに感じます。

この先、短期・中期的には「マイクロハイブリッド車」がシェアを占めるのではないかと予想されています。

e-powerだと価格も高くなるのでガソリン車よりはメリットの多いS-HYBRIDを選ぶのは必然になるのではないでしょうか?

 

こちらの記事も読んでみて下さい

セレナハイブリッド【S-HYBRID】のバッテリー交換の時期は?長持ちさせるコツ。交換費用はどのくらい?

セレナ e-powerの実際の燃費は?高速と街乗り比較!エアコンで燃費が決まる?

セレナ e-powerの口コミと評判から分析!メリット・デメリットとは?

 

 

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナの新車がほしい!

今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。

グレードは何にしようか、色は?

装備は?ディーラーオプションは何にしようか?

数えたらきりがありませんよね。

でも考えてたらワクワクが止まりません♪

でも、いざ買うとなると…

  • 金額が高くて予算オーバーなっちゃう…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉できる自信がないなぁ…」
  • 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みが苦手…」
  • 「一番最安値で手に入れたい…」
  • 「購入を考えているけど、ナカナカ踏ん切りがつかない・・・。」
  • 「やっぱり金額が高い!」
  • 「予算が合わない!」
  • 「家族に話しても金額優先で車種は二の次にされてしまう・・・・。」
  • 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」

などなど、悩みは尽きません…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりで

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© セレナ情報サイト , 2018 All Rights Reserved.