日産セレナのことなら何にでも役立つ情報サイトです

セレナ【新型C27】のオプションをメーカーオプション・ディーラーオプション別に紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

登録も60秒ほどで終わりますし無料です。

おおよその値段がわかることで購入時の下取り交渉対策にもなります。

今は購入の予定はなくても自分の車の査定金額を知っておくだけでも登録して損はないですよね。

車を選ぶとき、グレードやボディカラーを決めるのにとても迷いますよね。

なかでもいちばん考えるのが、無数の組み合わせがある「オプション」だと思います。

というわけで、セレナ【新型C27】の中でも特に気になるオプションについて、メーカーオプション、ディーラーオプション別にまとめました!

メーカーオプションとディーラーオプションってなに?

そもそも、「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」とはなんでしょうか?

メーカーオプションは、工場で車を組み立てるときに取り付けるもののことをいいます。

外装などの「形」に影響するものや、プロパイロット、エアバッグといった「システム」に影響するものがあります。

車のベースとなる部分にかかわっているものが多いため、後から追加や変更することができません

このため、メーカーオプションはよく考えて決める必要があります。

一方「ディーラーオプション」は、工場で組みあがった車に、ディーラーが取り付けるものです。

カーナビやフロアマットなど、簡単に取り外しできるものが多いです。

後から追加することもできますし、知識があれば通販で買ったものを自分で取り付けることもできます。

では、セレナ【新型C27】にはそれぞれどのようなオプションがあるのかご紹介します。

 

セレナ【新型C27】のメーカーオプション

セレナ【新型C27】のメーカーオプションには、フロントグリルやエアロバンパーなど、外装をカスタマイズできるものも多いですが、これらは好みで変わってきますよね。

そこで、今回はメーカオプションの中でもっとも悩まされる、セーフティーパックにしぼって紹介していきたいと思います!

セーフティパックは、運転時の安全性を高めるオプションで、3種類あります。

それぞれのパックに付属するオプションは表のとおりです。

少しわかりづらいですが、C→A→Bの順にオプションが充実します。

ちなみに、セーフティパックCは「セレナ S」専用のため、それ以外のグレードを選んだ場合は、AとBから選ぶことになります。

「どのパックも採用しない」という選択肢ももちろんありますが、表にあるオプションは基本的に個別に取り付けることができません。

このため、欲しいオプションがある場合は、そのオプションが付属したパックを選ぶ必要があります。

セーフティパックのオプションで注目するべきなのは、「SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム」、「インテリジェントルームミラー」、「プロパイロット」の3つです。

セレナ【新型C27】は、「運転席と助手席の前方」のみ、エアバッグが標準装備されています。

正面からの追突事故などには効果を発揮してくれますが、車の側面につっこまれた場合、運転席はもちろん、後部座席の乗員を守るものはなにもありません

しかし、「SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム」を採用すると、1,2,3列目のそれぞれの窓を覆うエアバッグが追加されます。

後部座席に乗ることが多い子供や年配層を守るためにも、このオプションは必須です。

また、ミニバンは人や荷物をたくさん乗せることが多いですよね。

そんなとき気をつけなければいけないのが、後方の視界です。

大量の荷物を積んだせいで後ろが見えない、なんてことになると大変危険です。

そこで活躍するのが、「インテリジェントルームミラー」。

車の後方に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに映してくれる機能です。

後方確認は駐車だけでなく、高速道路や停止信号でも必要なため、大きな荷物を運ぶことが多い人にうれしいオプションだといえます。

引用: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html 

最後にもっとも重要なのが、セレナ【新型C27】の目玉である「プロパイロット」です。

プロパイロットは、高速道路での巡航時と渋滞時に、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作など、運転手をサポートしてくれます。

このようにいうと「自動運転」を期待してしまいますが、あくまでも「サポート」ですので、過信は禁物です。

例えば料金所など、白線がなくなる場所では、この機能は自動的に解除されるため、ハンドルから手を離してよそ見ができるほどの信頼性はまだありません。

とはいえ、ミニバンクラスでは世界で始めて導入されたシステムなので、この機能を目当てにセレナを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、プロパイロットを導入できるグレードは、「X Vセレクション」、「G」、「ハイウェイスター Vセレクション」、「ハイウェイスターG」、「e-POWER XV」、「e-POWER ハイウェイスターV」のみのため、注意が必要です。

これらの特徴から、プロパイロットやインテリジェントルームミラーが欲しいならセーフティパックBを、そこまでは必要としないけど安全には気を使いたい、という場合はセーフティパックAを選べば間違いありません。

 

セレナ【新型C27】のディーラーオプション

【参照URL: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/option.html 】

セレナ【新型C27】のディーラーオプションでもっとも悩まされるのが、カーナビ周辺機器です。

セレナでは、カーナビ、ドライブレコーダー、後席専用モニター、ETCを色々な組み合わせでセットパッケージにしています。

しかし、値段は30~40万円と、どれもとても高額です。

また、各機器のラインナップはそれぞれひとつづつしかないので、こだわりがあっても選ぶことができません。

一方、カー用品店で購入すれば、いくつかある中から選べますし、なによりディーラーオプションよりもかなり安くなります。

カーナビの場合、「ステアリングのスイッチで操作できない」、「バックビューモニターが使用できない」などが心配ですが、メーカーによっては、「セレナ専用ナビ」をディーラーオプションよりも8万円ほど安く入手できます。

こういった場合は、ステアリングスイッチでの操作やバックビューモニターが使えることもあるので、よく調べれば節約することができます。

ディーラーオプションのドライブレコーダーは、オプションのナビと連動させることで、録画した動画をナビで再生できます。

これについては、車の中で再生することはほぼないでしょうし、動画はパソコンで見ればいいと考えているので、魅力的ではありません。

また、ドライブレコーダーは前方のみの対応です。

後ろからの追突や駐車時のトラブルのために、後方も録画したいと考えている場合、このドライブレコーダーは不向きといえます。

さらに、後席専用モニターやETCも、同じく専用ナビと連動できますが、連動が必須と思えるほどのメリットはありません。

後席モニターは子供をあやすのにいいかもしれませんが、サイズが11インチ(縦×横:13.69×24.31)とタブレットほどの大きさです。

広い車内ではやや小さく感じてしまうかもしれませんし、3列目からはほとんど見えません。

これらのことを考えると、どれもカー用品店で安く代用できることもあって、カーナビ周辺機器のセットパックは優先順位が下がります。

ただし、カー用品店で買った場合、「取り付けをお願いすると工賃がかかる」、「つけてみたらほかのパーツに当たってしまう」、「セレナの機能が使えなくなった!」などのトラブルも考えられます。

コストを下げるのは重要ですが、かえって高くついてしまう場合もありますので、失敗したくない場合は、ディーラーオプションに決めれば間違いないでしょう。

逆にディーラーオプションで強くおすすめしたいのが、「フロアカーペット」です。

ディーラーオプションは黒しかないので、車内を好きな色に染めたいという人は不満かもしれませんが、フロアカーペットは安全に関わります

形状があっていないときちんと固定できないため、カーペットがズレてしまうことがあります。

乗り降りしているときならまだしも、運転中にズレてアクセルペダルやブレーキペダルに挟まってしまうと、大事故につながりかねません。

また、セレナは後部座席が大きく動くため、レールが数多くあります。

座席をスムーズに動かすためにも、ディーラーオプションのフロアカーペットははずせません。

 

オプションをつけてしまうと予算オーバーしてしまうと悩んでる方に↓

セレナ【新型C27】のメーカーオプションとディーラーオプションのまとめ

セレナ【新型C27】のメーカーオプションとディーラーオプションについて紹介しました。

メーカーオプションでは、プロパイロットを使うかどうかが、セーフティパッケージの決め手になります。

個人的には、プロパイロットはまだ発展途上で、使うのは最初のうちだけだろうと考えています。

しかし、一度に大量の買い物をする自分にとっては、インテリジェントルームミラーがとても魅力的なため、高くついてもセーフティパックBを選ぶべきか・・・と悩んでしまいます。

一方のディーラーオプションでは、ドライブレコーダーを後ろにもつけたいことから、カーナビだけ単体で選ぶべきかな、と考えました。

今回ご紹介したもの以外にも、さまざまなオプションが、メーカー、ディーラーともに用意されています。

より快適なカーライフを送るためにも、オプションにはとことんこだわって厳選したいものです。

 

【おすすめ記事】

 

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

セレナの新車がほしい!

今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。

グレードは何にしようか、色は?

装備は?ディーラーオプションは何にしようか?

数えたらきりがありませんよね。

でも考えてたらワクワクが止まりません♪

でも、いざ買うとなると…

  • 金額が高くて予算オーバーなっちゃう…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉できる自信がないなぁ…」
  • 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みが苦手…」
  • 「一番最安値で手に入れたい…」
  • 「購入を考えているけど、ナカナカ踏ん切りがつかない・・・。」
  • 「やっぱり金額が高い!」
  • 「予算が合わない!」
  • 「家族に話しても金額優先で車種は二の次にされてしまう・・・・。」
  • 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」

などなど、悩みは尽きません…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりで

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© セレナ情報サイト , 2018 All Rights Reserved.